苫米地サトロ

ナヴィ村

コンタクト


居住地: Japan

誕生日: 9月 9日




自己紹介文



 1965年9月9日福島県いわき市生まれ。 遺跡発掘を生業とする“アースダイバー”。生きがいは音楽と映画と読書と詩、それに美女と野球。双子としてこの世に生を受けたが、幼少期の何処かで弟と入れ替わっているのでは?という疑念からアイディンティティが常に不安定な状態となる。

 絵に描いたような野球小僧であったが、小学校5年生の時、ビートルズの“赤盤”を聞き“天変地異”が起きたほどの衝撃を受け、また小学校6年の時、ボブディランのベストを聞いて“驚天動地”と言っていいほどの自己変革を迫られ、以後、詩作のようなことを始める。

 

 80年代初期から東京都武蔵野周辺に出没。一時、ホームレス状態となるが、友人達の手厚い保護でなんとか生き延び、90年代半ば、息子、娘の誕生によって種として絶滅の危機をまぬがれる。

 一日中何もしないでいること、あくせくと動き続けること、どちらも得意技だが、最近、40を過ぎた頃から体力の低下と精力の減退を悟り、いかに枯れていくかが目下の課題。

 20代の頃、ナバホ族の居留区を訪ねたことからハンドル・ネームはナヴィ村。目標は自らの死後も、しばらく息子娘孫ひ孫までが読みきれないほどの言語の巨大な森をウェブ上に出現させること。

 絵は左、文字は右、箸は右、スプーンは左。左スプーンでカレーを食べ、同時に右箸で漬物、福神漬けをつまんでいる姿をカレーCOCOで見かけたらそれが私。

 去年、勤めていた会社が倒産の憂き目に会うも、長年磨きをかけた“鈍感力”で乗り切り、現在はオーヴァー・ワーク気味+ブログ・ジャンキー状態。昨夜もストーンズをBGMに19回目の神経衰弱。2008年11月より歌舞伎鑑賞を、2009年6月より競馬を始める。


 好きな女優はジョアンナ・シムカス、シャルロット・ゲンズブール、それと長澤まさみ。ベッキーか志田未来ちゃんが息子の嫁にこないかと妄想する、精神にはすでに落語に出てくるご隠居様。


 バウリンガルにしてネコロジスト。同居人は妻一匹、息子、娘それぞれ一匹づつ。今後の増殖の予定は今の所なし。ヨガで得意なポーズはハラ・アーサナー(鋤のポーズ)。アルダ・マッチェーンドラ・アーサナー(半分ねじりのポーズ)ができなくて悩んでいる。“火の呼吸”によって5sの減量に成功。

 2002年頃よりビールロング缶2本以上でカラータイマーがなり始め、それ以上飲むと巨人に足首をへし折られたような激痛に襲われるようになる。いわゆる通風。

醸造酒はだめになり、その頃より焼酎党になるが、現在はウィスキー&チョコレートの日々。


趣味:暴飲暴食、無駄遣い。嫌いなもの:真夜中の赤信号。

 



興味のあること


 オーラ観察。好きな作家ージャック・ケルアック 

http://www5e.biglobe.ne.jp/~mihyaku/culture/satoro/satoro.htm

inserted by FC2 system